楽天の広告選びで困ったら…について

category:楽天分析

楽天の広告選びで困ったら…

楽天でもヤフーでも、広告の数が多く、広告選びで困ることがあると思います。
そんな時は自分のお店が取り扱っている商材、広告の特徴を考えて見て下さい。

例えば、

取り扱い商品がオリジナル商品の場合、検索で探される可能性は低くなります。
ですので、検索系の広告よりも

WEB掲載の広告やニュース系の広告の方が効果が高くなる

可能性があります。
しかし、そのオリジナル商品の売れる時期ではない場合、お客さんが購入してくれる可能性は低くなるので、

タイミングが重要です。

しかし、稀にタイミングをずらして成功するお店もあります。
…なぜか、それは強豪のお店が、同じ広告内に無いので、売れる可能性もたかくなるからです。

次に、その広告は、

自社の商品を購入する可能性が高い

お客さんがクリックしてくれるかどうか

が重要になります。
たくさんお客さんがアクセスしても、商品にまったく興味のないお客さんばっかりだったら、購入につながりません。

初めて使う広告の場合は、色々な要素を考え、実行・検証をしないと無駄が多くなるので毎回効果検証はチェックする事が大切です。

その他のサービスのバナー
その他のサービスのバナー
その他のサービスのバナー